What is Hanafuda..

What is Hanafuda?

-ORIGIN-
Hanafuda
(花札, “flower cards”) are a style of Japanese playing cards, made from paper and cardboard.

On the face of each card is a depiction of flowers, tankzak, subjects (animals and other objects), or culturally-significant scenes.
 After Japan closed off all contact with the Western world in 1639, foreign playing cards were getting banned.

During prohibition (Til 1886), gambling with cards remained highly popular which led to disguised card designs. Each time gambling with a card deck of a particular design became too popular, the government banned it, which then prompted the creation of a new design. 

Unlike earlier decks it consists of 12 months (suits) divided into four rank-like categories.
 In the Meiji-period, Hanafuda and rule books were released from above Ginza, and since then Hanafuda has become very popular.

-Hanafuda knowledge-

1.The "flower" in "Hanafuda" has this name because it is designed with flowers and birds, but it also means that it can be used as a substitute for this card (which originates from the Nanban and Tensho systems). It means "FLOWER" used in flower trains, flower sumo, etc.

2.Singing karuta is a play of the upper class, and it is said that it was forbidden to be used by the lower class. Therefore, in order to steal people's eyes and perform gambling, prepare a gambling hall in the back of the store, and when you enter the store, give a "signal to rub your nose (Hana = Hanafuda)" and guide you to the gambling hall. It is said that it was. In jargon, the Hanafuda store had a "tengu" face as a flower = Hana = nose.

 


-起源-

花札(花札)は、紙と板で作られた日本の伝統的なカードゲームの一種です。

各カードの表面には、花、タンクザック、その他(動物やその他のオブジェクト)、または背景には文化的に重要な事が描写されています。日本が1639年に西側世界とのすべての接触を遮断した後(鎖国)、日本の伝統的遊びのかるたは徐々に禁止されるようになりました。

1886年までの禁止期間中、カードを使ったギャンブルは非常に人気があり、偽装されたカードのデザインにつながりました。特定のデザインのカードデッキでのギャンブルが人気を博すたびに、政府はそれを禁止し、それが新しいデザインの作成を促しました。
その1つである花札は、12ヶ月(各月)を4つのランクに分けて構成されています。明治時代、銀座の上方から花札とルールブックが発売され、これ以来花札は大いに流行した。

-花札豆知識-

1.「花札」の「花」は、花鳥がデザインされているためにこの名があるが、また本カルタ(南蛮系・天正系を源流にするもの)に対する代用品という意味もあるだろうという。花電車・花相撲などに使われている「花」の意味である。

2.歌かるたは上流階級の遊びであり、下流階級が使用することを禁じたと言われている。そのため人々目を盗んで賭博行為をするため、店の奥に賭博場などを用意し、店に入った時に「鼻(ハナ=花札)をこする合図」をすると賭博場などへ案内してくれたという。隠語的表現で花札の販売店には花=ハナ=鼻として「天狗」の面が掛けられていた。

 

- HANAFUDA DESIGN-

There are 48 cards total, divided into twelve suits, representing months of the year. Each suit is designated by a flower and has four cards. An extra blank card may be included to serve as a replacement. In Korean Hwatu decks, several joker cards (조커패) award various bonuses.


※ In the Korean Hwatu version, the November and December suits are swapped.

 

-花札デザインの種類-

花札の絵柄は以下の通り。札の名称や漢字はもっとも一般的なもの。「短冊・赤短・青短」は「丹札・赤丹・青丹」とも書く。

なお、札の絵は昔は手書きだったものもあるので細かい違いは多数あるが、現在よく見られる任天堂などの札と構図が大きく違うものは特筆した。

 

-GAMES-

Mekuri-derived games:

  • Hana Awase
  •  Minhwatu(Korean)
  • Koi-Koi
  • Sakura
  • Go-Stop (Hawaii)
  • Hachi-Hachi

 

-遊び方-

場札と手札を合わせ、さらに山札をめくって場札と合わせるもの。合わせた札は自分のものになる。取った札によって役を作ることができる。花札のゲームとしてはもっともよく行われている。

イタリアのスコパ・英語圏のカシノや、中国で牌九牌を使った釣魚・トランプを使った撿紅点というゲームに類似している。

  • 花合わせ
  • こいこい
  • 八八
  • さくら(ハワイのゲーム)
  • ゴーストップ(韓国のゲーム)

Hwatu(韓国の花札)

 

Hawaiian Hanafuda(ハワイの花札)

This section doesn’t currently include any content. Add content to this section using the sidebar.